管理会社は重要です

不動産投資をする上で

不動産投資を始めて、こんなに苦労するとは思わなかったとそう思った人も中にはいるでしょう。家賃収入という魅力は大きい、ですがそれを実現させるために購入した不動産を利用するのも、やはり人だ。間接的になるものの、結局対人から逸脱していない点を理解しているかどうかも結構大事なところだ。何せ不動産に関するトラブルといえば、年間を通しても全国各地で散々たる悲鳴を上げている人が必ずいるものです。入居している人間に問題があるのか、それとも周辺に何かしらトラブルの火種がくすぶっているのか、問題は色々だ。

サラリーマンで副業として不動産投資をする、この選択肢については別段問題無いでしょう。しかし所有している時点で不動産の管理は自分で行う必要が出てくる。けれど主軸とする仕事をしながらでは、不動産に関する管理や対応は必然と休日だけとなる、なんてことになったら入居者にしてみれば対応しきれない。こうした時、不動産の管理を第三者に任せるしかありません。副業をしている人はなおのことだ。

しかしその肝心の管理会社の選択を誤ってしまえば、最悪の事態になるかもしれないと危惧している苦労を抱えている人もいると話にある。副業の傍らで自分としては何もすることはない、という1点だけで考えれば管理会社はどこでも良いだろうといういい加減さが生じるリスクがあることを理解する必要がある。

トラブルに巻き込まれている人ほど管理会社の選択が良くなかった、この1点に限るのだ。

管理会社といっても

マンション管理を依頼する、不動産投資をするサラリーマンがほとんど利用しているはずだ。自分で管理できるならするに及びませんが、それでも副業としてやっているのであればやはり限度というものがある。そうなると他に管理を委託できる会社を見つけなければいけないものの、肝心の管理会社は何処にすれば良いのか、という点が誰もが気にするところだろう。

現在存在している管理会社の種類として代表的なものとは、4タイプほどある。主に

こういった種類が存在している。自身で管理できる部分があれば大家がするのは当たり前のことですが、副業で手を離せないとなったら最低でも一部の業務を何処かの管理会社に委託しなければなりません。例えばマンション管理はなんとか自分で出くるから、入居者の目処を募って欲しいというなったら仲介会社へ依頼すればいい。ただこの時もしも入居者を目的としているのに、設備や建物の管理に特化した管理会社に依頼しても、次の入居者をきちんと見つけられるかどうかも分からない。

管理会社の選択ミスによって生じるトラブルとは、こうした本来得意分野ではない管理業務を依頼してしまったことに他ならない。けれど管理会社にすれば断るという点はそもそも存在しないのです。仕事として管理する上で、自分たちに優位に事が運べるので下手をすれば好き勝手にやられてしまう、なんてこともあるかもしれないのだ。

確認しておきたいこと

不動産投資とは気軽に出来るもの、そういう風に考えている人は少なからずいるでしょう。ここまで広く不動産投資に参入する人が増えたのも広域的に広がる利点ばかりが宣伝された影響でもありますが、そればかりを追従しているとろくなことにならないのも事実だ。結局自分の持ち物なので、最終的に自分で管理するのが大原則になる。しかしあくまで副業としてやるとなった場合、その時間を本業に傾倒しなければならないので、対応するにしても仕事中ではどうすることも出来ません。

そんな時こそ管理会社の利用が進められているわけだが、必ずしも任せていれば全てが順調に運ぶとは限りません。管理会社といってもゴマンとある、しかし不動産は投資して手に入れたその人の持ち物になっているので、原状回復などの修繕をする場合には基本的に大家負担となります。管理会社によっては修繕などを依頼することも出来ますが、利用規約などによってはその値段がかなり割高に設定されていたりするため、人によってはこうしたところでトラブルになってしまうケースもある。

不動産投資のリスク

サラリーマンの不動産投資といえば人気の副業になっていますが、やり方を少し間違えてしまうだけで大きなトラブルが発生することもしばしば起こっている。管理会社の選択1つで苦労をすることになるかどうか、そうした点まで左右することになるので事前に調べておきたいことは山程存在あるのも事実だ。こうした点を挙げるだけでも、不動産投資のリスクという点は何かと問題を巻き起こりやすいといえる。

世の中美味しい話ばかりではない、知らないと怖い不動産投資